ハトはまず避ける

工夫することで得られるメリット

普段公園などでよく見かけるハトの種類は、ドバトというハトです。ドバトのエサは、人が捨てたごみや、人が与えたパンなどの食べ物を餌として食べています。そのため、悪臭を放ち、たくさんの糞が落ちているので道や建物が汚くなってしまいます。また、その糞を頼りに、ゴキブリなどの外注が繁殖します。また、ハトは同じ所に糞をする傾向があります。 このように、ハトが群がるとさまざまな害を及ぼします。そうならないためにも、ハト駆除を行う必要があります。 ハト駆除を行うことで、臭いや糞などの害を改善することが出来ますし、ハトによって道や場所を封鎖されずに済みます。

現在の取り組みやトレンド

ハト駆除を行うための方法は、それぞれの悩みや害によって変わってきます。 主な駆除方法では、ピーコンネットやワイヤーなどの設置、ピーコンスパイクや電気ショックなどを流すことでハト駆除を行うことが出来ます。 ピーコンネットやワイヤーとは、橋やベランダなどに取り付けることで、ハトが集まってくるのを防ぐことができます。 ピーコンスパイクに関しても、ハトが飛んでくる所に棒のようなものをたくさん取り付けます。そうすることで物理的に鳩よ寄せ付けなく出来ます。また、ピーコンスパイクによる駆除の場合には、ハトに危害を加えずに駆除を行うことが出来ます。 電気ショックの場合は、人やトリにあたっても大丈夫なように、弱い電気を流します。 ハト駆除のために、このような取り組みを行っています。